fc2ブログ

漢方の診察 

夏場よく見る患者は水毒である。
暑くて水を飲みすぎる。 この水が冷たいので体が冷える。すると、鼠径部に痛みが出てくる。

夏こそ温かいものを食し、必要以上に水分をとらない。

もう一つはクーラーの冷気を直接あびない。

これを守るだけで、特に漢方を使わないでも、夏バテを予防することができる。

漢方とは養生の学問である。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント