fc2ブログ

新型コロナウイルス肺炎 (COVID-19)の漢方治療


コロナウイルスの漢方治療については感染症学会のホームページに金沢大学の小川先生のレポートに詳細が纏まっています。

https://www.kansensho.or.jp/uploads/files/news/gakkai/covid19_tokubetu2_0421.pdf

ただ、やはり中国の新型肺炎治療マニュアルがある意味原典になるかとおもいます。

http://www.gov.cn/zhengce/zhengceku/2020-02/07/5475813/files/9a774a4defee44daa05894138bd0509a.pdf

中国はさすが東西結合でガイダンスに西洋医学と中医学が等しく記載されています。

特に汎用できる方剤として 清肺排毒湯が注目に値する。
清肺排毒湯は、漢代の張仲景が著した『傷寒雑病 論』にあるとのことで、まさにの日本漢方の考えに中医学も立ち返ったと言えます。ただし基礎方剤が 麻黄 9g、炙甘草 6g、杏仁 9g、生石膏 15 ~30g(先煎)、桂枝 9g、澤瀉 9g、猪苓 9g、白朮 9g、 茯苓15g、柴胡16g、黄芩6g、姜半夏9g、生姜9g、 紫菀 9g、款冬花 9g、射干 9g、細辛 6g、山薬 12g、 枳実 6g、陳皮 6g、藿香 9g。と
その量と種類の多さには驚かせられます。ラーメンで言うと全部のせみたいな。

麻杏甘石湯、射干 麻黄湯、小柴胡湯、五苓散を組み合わせたもののようですが、
証を取りながら細かく方剤を切り替えていくのがより有効性を上げることになると思います。

それでも清肺排毒湯は重要なヒントを与えてくれます。

また、最近の抗ウイルス薬や抗体薬の開発は発症後5日以内できればタミフルのように2日以内に治療を開始しないともはやウイルスを抑制する治療は無効とされています。

まさに太陽病位に桂麻を使った治療を主軸とするべきであろう。また発症時すでに肺炎に進行つまり裏に入ってしまう事を考えると柴胡剤も また激しい発熱を考えると大青龍の方意も持たせたい。
つまり麻黄湯 葛根湯に加え 小柴胡湯加桔梗石膏 つまり やはり 柴葛解肌湯加桔梗石膏 や小青竜湯に五虎湯を加えた龍虎湯 などを早い時期に使うことを基本としたい。


スポンサーサイト



漢方の診察 

夏場よく見る患者は水毒である。
暑くて水を飲みすぎる。 この水が冷たいので体が冷える。すると、鼠径部に痛みが出てくる。

夏こそ温かいものを食し、必要以上に水分をとらない。

もう一つはクーラーの冷気を直接あびない。

これを守るだけで、特に漢方を使わないでも、夏バテを予防することができる。

漢方とは養生の学問である。

夏バテ予防!

ご無沙汰しています。
暑い日が続きますね。
夏バテの予防にいい方法とよく聞かれます。
基本は食養生。 温かいものを食べ、冷たいものを食べない。 クーラーの風に直接あたらない。
この二つを守るだけで、かなりの夏バテは予防できると考えています。

漢方ではやはり、清暑益気湯が代表される処方ですが、最近は補中益気湯、十全大補湯の方を多用しています。

でも、あくまでも薬は薬 食養生が一番です!





漢方と鍼灸

現在、日本漢方の中心は湯液による治療である。しかし、日本漢方が最も重要視しているといっても過言ではない、傷寒論には鍼治療についてもかかれており、湯液と鍼や灸治療を併用することはかならずしも、間違っているとは言えない。
ただ、中医学の理論はそのまま、鍼治療に応用できるが、腹診を中心とする日本漢方はそのまま鍼治療に診断をあてはめることは難しい。
さらに、鍼灸の治療と湯液の治療を両方習得している医師も少ない。保険の問題もある。

ただ、鍼は誰でもというわけにはいかないが、灸に関しては、せんねん灸など、だれでも買ってためすことができる。
最近は無煙のせんねん灸もでており、非常に重宝している。

たとえば、風邪の引き始めまだ、熱がなければ、風門と大椎に灸をすると、その効果は抜群である。

また、風邪の後、咳がとまらないような場合も、天突と紫陽に灸をすると嘘のようにせきがとまることも経験する是非みなさまにも試していただきたいものである。もちろん、麦門冬湯や竹葉石膏湯と併用すると更にその効果は上がる。


どうしても火を使いたくない方には...
こういうのもあります。


日本漢方の極意は腹診にあり。

山田光胤先生がいつもおっしゃていることに、治療としての腹診 という言葉があるます。
目からうろこがおちる思いでした。
腹診を行うことで、患者は安心し、漢方の治療効果があがる。
そのためには患者に安心感をあたえる腹診を行わなければいけません。
優しくソフトに...